クレジットカード種類

銀行振込、マスターカード、コンビニ決済に対応

フルメトロン点眼液

フルメトロン点眼液

  • メーカー:Alcon
  • 発送国:シンガポール
  • カテゴリ:高血圧/糖尿病
  • 有効成分:フルオロメトロン その他成分:塩化ナトリウム、リン酸ナトリウム、エデト酸二ナトリウム、ヒドロキシエチルセルロース、チロキサポール、塩酸および水酸化ナトリウム、精製水

このお薬の人気ポイント

・様々な目の炎症を軽減できる

・抗炎症作用が強く副作用が少ない

商品詳細

Alcon(アルコン)社のフルメトロン点眼液は、目の炎症を軽減させる点眼薬です。
国内でも同一有効成分が配合された抗炎症作用のある点眼薬は多数存在しており、いずれも同一の効果が得られます。
花粉などのアレルギーで目がかゆい、コンタクトで目が赤くなる、眼精疲労で悩んでいるといった方に適した点眼薬です。

目の炎症(角膜炎、結膜炎、眼瞼炎など)は、細菌やウイルスなどの感染により起こります。こうした感染が起こる原因としては、不潔な手で眼をこする、コンタクトレンズの洗浄不足、アイメイクなどが挙げられ、感染する部位によって症状が異なります。

フルメトロン点眼液は、様々な目の炎症に有効な点眼薬です。
有効成分であるフルメトロンはステロイド化合物の一種で、強力な抗炎症作用があります。
また、フルメトロンは他のステロイド剤と比べても抗炎症作用が強いものの、分解が速い・半減期が短い・局部的に作用することから副作用が少ない特徴があります。

一般的にステロイド剤というと副作用が強くて抵抗を感じる方が多いですが、フルメトロン点眼液はステロイド含有率が少なく、炎症部位のみ作用しますので、安心してご使用いただけます。

当サイトでは、本商品の他にも眼病や眼精疲労に有効な商品を多数取り扱っています。
ご自身の症状やお悩みに応じてお選び下さい。

フルメトロン点眼液 5ml

個数選択 定価 販売価格 ポイント 購入
1本 1本
5ml × 1本 ¥2,730 ¥2,730 ¥2,100 ¥2,100 63pt
5ml × 2本 ¥2,080 ¥4,160 ¥1,600 ¥3,200 96pt
5ml × 3本 ¥1,863 ¥5,590 ¥1,433 ¥4,300 129pt

フルメトロン点眼液5ml x 1本

¥2,100

ポイント:63pt

10,000円以上購入で送料無料

在庫あり

数量:

電話注文はこちら

関連ページ


同時に注文されている商品

ルネスタ・ジェネリック

睡眠薬

ルネスタ・ジェネリック

1箱¥4,050

幅広い層で使われている睡眠薬

リポドリン

ダイエット

リポドリン

1箱¥6,300

強い効果を持つダイエットサプリ

マクサルト・ジェネリック(偏頭痛)

痛み止め

マクサルト・ジェネリック(偏頭痛)

1箱¥880

慢性的な偏頭痛対策に効果的


用法・用量

1日2~4回、1回につき1~2滴を点眼して下さい。
本剤は懸濁液のため、使用前はよく振って下さい。

※年齢や症状によって適宜増減します。


注意点

本剤は点眼用としてご使用下さい。
本剤の成分に対し過敏症の既往歴がある方はご使用いただけません。
角膜上皮剥離や角膜潰瘍がある、ウイルス性結膜炎・角膜疾患・結核性眼疾患・真菌性眼疾患や可能性眼疾患の方は、原則使用できません。特に使用が必要な場合には慎重に使用して下さい。

妊娠中、妊娠の可能性がある、授乳中の女性は使用前に医師へ相談して下さい。
2歳未満の小児、高齢者は慎重に使用して下さい。

直射日光の当たらない湿度や温度の低い場所で保管して下さい。
また、小さなお子様の誤飲を避けるためお子様の手が届かない場所に保管して下さい。

※用法・用量、注意点、副作用などに関しては一般的な薬剤情報を訳したものです。服用・使用前は医師などの専門家に相談した上で必ず用法・用量に従って頂ますようお願い致します。
また、服用や使用に関しては全て自己責任となりココロ薬局では一切の責任を負いかねます。


副作用

眼圧上昇、アレルギー性結膜炎の悪化が起こる恐れがあります。
また、稀に重大な副作用として、緑内障、角膜ヘルペス、穿孔が起こる恐れがあります。

ほかに何か異変を感じた場合には、速やかにかかりつけ医の診察をお受け下さい。


利用者の声

  • もともとドライアイだし花粉症なので、よく効く目薬を持っていないと冬~春は特に大変なことになります。夏もドライアイになりやすい季節ですし、年間通してこの目薬にはお世話になることになりそうです。通販でお試しで買ったわりに便利なので、気に入って追加で3本買いました。眼科でも買える目薬みたいですが、病院に行くのが面倒なのでしばらくはこちらで買い置きします。

  • 目をこすりすぎてコンタクトレンズが外れていたこともあるぐらいなので、むずむずしたら一回我慢してこの目薬を差すように心がけてます…まだつい擦ってしまうこともありますが…でもこの目薬は薬局で買う目薬よりもはるかに効くことがわかっているので、なんとか使い続けようという気持ちになれます。仕事で疲れ目の時にも使ってますね。

  • よく角膜炎を起こすので買いました。こないだコンタクトレンズに思いっきりゴミが付いていた時、目が真っ赤になってしまいすぐにこの目薬を差しました。するとその日の夜にはすっかりマシになってました。私はこういうふうに知らない間に目を傷つけることがあるので、目薬は欠かせません。応急処置みたいに使ってしまいましたが、もちろん普段使いもしてますよ。

  • アレルギーが特に目にくる体質なので、どんなものでもいいから目薬がほしいタイプです。フルメトロンは眼科で一度だけもらった気がするので、ここでも買ってみました。前にフルメトロンを使ったときは確か角膜炎だったのですが、今回は花粉対策目的で。使ってみた感想としては、無いよりはましだけど物足りないかも…ぐらいでした。花粉専用の目薬の方がいいのかもしれません。

  • 髪の毛が入ったり、少し化粧品が目に入るとすぐに目をごしごししたくなります。最近は、目がかゆいと思ったらすぐにこの目薬を使うようにしました。とりあえずできるだけ目に触らないようにするための対策でしたが、それがすごくいい判断だったのか、いつも充血していた白目部分がいつのまにかだいぶきれいになってました。自分の目なのにびっくりしました(笑)

  • 春先になると毎年目が血走るように真っ赤になっていたのに、このフルメトロン点眼液で改善しました。少しずつ白みを取り戻していく感じで目のかゆみやまぶたの腫れなども鎮まってくれました。今年の春はこの目薬で乗り切ることができそうです。来年の春もまたお世話になろうと思います。

  • ソフトコンタクトレンズを外した後、かゆみを感じることがあるのでいつも点眼しています。眼科でもこれはもらったことがありますが、仕事が忙しくて眼科に行けないときが多いのでこういったネット通販は非常に助かります。切らすと、ちょっと困るのでまとめて購入も考えています。

  • 目が痒くてすぐにかいてしまい、目は真っ赤になることが多々あるのですがこの目薬がかなり改善してくれました。1週間くらい続けて使うだけで痒みがほとんどなくなりました。それでも痒いときがまだあるので、もう一本追加で買おうかなって思っています。どの目薬でも症状が治まらなかったので、最初からこのフルメトロン点眼液を使っておけばよかったです。

  • 眼科で何回か同じ目薬を処方してもらったことがありますが、ネット通販で買った方が安いのでずっと利用しています。目が痒くなったり、痛くなったときはこれで大体治しています。使っても副作用とかは一切ありません。乾燥する時期や花粉がたくさん飛んでいる時期に目が痒くなる人にオススメしたい目薬です。

  • 花粉症の時期になると、決まって目まで痒くなるのでこの目薬は春には欠かせないです。何回か点眼しただけで痒みが治って、充血なども鎮まってくれます。市販の目薬も何回か使ったことがありますが、それよりもずっと効いてくれます。痒みを抑える目薬としては、個人的に一番いいと思います。花粉が落ち着くまでは引き続き購入です。

  • 使い捨てコンタクトが合わないのか充血するようになったので、フルメトロン点眼液を使ってみた。薬屋さんで売ってる目薬ではいまいちだったけど、これは効くみたいです。

  • 某特撮の怪獣を彷彿とさせる名前のフルメトロン点眼液を購入して、花粉症で痒くなった目に使用してみたらしっかり効きました。これで目の対策はばっちりです。

  • 花粉症で目がかゆくてたまらんくて、以前眼科でもらって効果のあった目薬をみたらフルオロメトロンが入った目薬だったんでフルメトロン点眼液買ってみた。効いたのでこれからはこちらで購入する。いちいち眼科行くのめんどいし。

  • コンタクトレンズをすると痒みを感じるようになり、コンタクトレンズをしてても大丈夫な目薬をつけてましたが改善せず。この目薬をコンタクトレンズを外したあとに付けるようにしたらよくなりました。

  • 花粉症で目がかゆくてしょぼしょぼしてる毎日ですが、やっと対抗策がみつかりました。いろんな目薬を使ってみましたが、個人的には一番効きますね。

利用者の声を投稿する

投稿者名(任意)

満足度(必須)

登録メールアドレス(ポイント獲得を希望される場合)

口コミ(必須)

当商品の購入履歴が確認できた会員様からの投稿に対しては

100ポイントをプレゼント致します。

ポイントの獲得や投稿に関する規約はこちらをご確認下さいませ。

ページの一番上へ戻る