クレジットカード種類

銀行振込、コンビニ決済
に対応

ブルフェン・ジェネリック1 ブルフェン・ジェネリック2 ブルフェン・ジェネリック3 ブルフェン・ジェネリック4

ブルフェン・ジェネリック

有効成分 イブプロフェン400ng
メーカー Ipca Laboratories 内容量 400mgx20錠
発送国 シンガポール 効果 解熱や鎮痛
副作用 胃痛や腹痛など 用法 症状や年齢にあわせて服用

このお薬の人気ポイント

・ブルフェン錠のジェネリック医薬品

・様々な痛みや炎症に対して効果的

商品詳細

ブルフェン・ジェネリックは、頭痛をはじめとした幅広い痛みの対策に効果的な解熱鎮痛消炎薬です。
解熱作用、鎮痛作用、抗炎症作用に優れており、多くの痛みや炎症を素早く緩和します。
イブプロフェンという日本国内でも知名度が高い成分が配合されているので、安心して服用できるのが魅力です。
服用することにより、イブプロフェンがシクロオキシゲナーゼという酵素に作用し、この酵素の働きを阻害します。
その結果、痛みや炎症を引き起こしたり、発熱を促したりする働きがあるプロスタグランジンという物質が作り出されにくくなります。
このような仕組みによって、痛みや炎症、発熱などの症状を緩和し、不快感を取り除きます。
より安全性が高い非ステロイド性抗炎症薬の成分が使われているため、副作用の心配をあまりせずに効果を実感できるのが魅力です。

ブルフェン・ジェネリック 400mg

個数選択 定価 販売価格 ポイント 購入
1錠 1錠
400mg × 20錠 104円 2,080円 80円 1,600円 48pt
400mg × 40錠 68円 2,730円 53円 2,100円 63pt
400mg × 60錠 56円 3,380円 45円 2,700円 81pt
400mg × 80錠 50円 4,000円 43円 3,400円 102pt
400mg × 100錠 50円 5,000円 40円 4,000円 120pt
当サイトのサービス

ブルフェン・ジェネリック400mg x 20錠

1,600円

ポイント:48pt

10,000円以上購入で送料無料

在庫あり

数量:

ご入金前であればキャンセル可能です

只今、電話での問い合わせが大変込み合っております。

ネット電話での接続の為、保留の際は英語でのガイダンスが流れますが、何の問題も御座いませんのでお時間空けて改めてお電話頂けますと幸いです。

電話注文はこちら

他の痛み止めとの違いについて

商品タイプ 内服(錠剤) 内服(カプセル) 外用(ジェル) 外用(座薬)
代表的な商品名 ボルタレン ボルタレンカプセル ボベラン・ジェル ボルタレンサポ
使用頻度 1日3回 1日1~2回 1日3~4回 1日1~2回※1

※1 初めて使用される場合は1日1回、低用量から開始してください。


同時に注文されている商品

マクサルト・ジェネリック(偏頭痛)

痛み止め

マクサルト・ジェネリック(偏頭痛)

1箱¥880

慢性的な偏頭痛対策に効果的

ルネスタ・ジェネリック

睡眠薬

ルネスタ・ジェネリック

1箱¥4,050

幅広い層で使われている睡眠薬

ラスナ(高血圧の低下)

高血圧/糖尿病

ラスナ(高血圧の低下)

1箱¥1,660

コレステロール値が気になる方へ

用法・用量

【さまざまな疾患を改善する場合】

1日の服用回数3回
1回の服用量200mg
服用のタイミング食後
服用間隔6時間以上

【頓用として服用する場合】

1日の服用回数1~2回
1回の服用量200mg
服用のタイミング食後
服用間隔6時間以上
ブルフェン・ジェネリックは症状や年齢などで服用量が変わります。
また、症状や副作用の強さによって適宜増減して下さい。

腰痛や怪我、手術後
関節リウマチ、関節痛や関節炎、神経痛や神経炎、
頸肩腕症候群(首、肩、腕、手指にかけての痛みや痺れなどの異常)
子宮付属器炎(子宮内の炎症)
月経困難症(強い生理痛)
紅斑

上記のような症状を改善する場合
1日600mgを3回に分けて食後に服用して下さい。
年齢によって適宜増減する必要があります。

頓用として服用する場合
1回200mgを食後に服用して下さい。
頓用の場合は、1日の服用は2回までとし、最大600mgを上限とします。

本製品は1錠が400mgとなっています。錠剤を分割する際はピルカッターのご使用を推奨します。

注意点

病状によっては服用することができないため、何らかの症状がある場合は必ず事前にかかりつけの医師へご相談ください。

※用法・用量、注意点、副作用などに関しては一般的な薬剤情報を訳したものです。服用・使用前は医師などの専門家に相談した上で必ず用法・用量に従って頂ますようお願い致します。
また、服用や使用に関しては全て自己責任となりココロ薬局では一切の責任を負いかねます。


副作用

よくみられる副作用として、胃痛や腹痛、吐き気などの胃腸症状が報告されています。
ほかにも、発疹やかゆみ、蕁麻疹といった皮膚症状がみられることもあります。
重篤な副作用では、喘息発作の誘発や消化管潰瘍、胃腸出血などの症状が報告されているため、これらの症状がみられた際は速やかにかかりつけの医師の診察を受けてください。

服用方法や副作用・併用禁忌・注意のご説明には、商品の説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
医療用医薬品 : ブルフェン
添付文書 : ブルフェン


ブルフェン・ジェネリックのよくある質問について

服用してからどのぐらいで効果があるのか?

効果の発現までの時間は同じ痛み止めを服用したとしても、早く効果があらわれる方もいれば、効果があらわれるまで時間がかかる方もいます。また、服用する痛み止めの種類によっても、効果があらわれるまでの時間なども違っています。痛み止めとの相性には個人差があるため、適切な痛み止めを知るには医師と相談しながら探すようにしてください。

痛み止めを飲んだ時のアルコールは控えるべき?

ロキソニンやボルタレンなどの痛み止めは胃の負担が大きく、胃不快感などの副作用があります。その上で、胃酸の分泌を促すアルコールを飲むことで、胃への負担がさらに大きくなってしまいます。そのため、どういった種類の痛み止めに限らずアルコールと併用は避けた方が無難です。また、痛み止めに限らずアルコールと医薬品の併用は避けた方がよいとされています。

痛み止めを飲むと脳に水が溜まるって本当?

痛み止めの服用で脳に水が溜まるといった報告はありません。多くの痛み止めは酵素の働きを阻害して痛みの原因物質が作られるのを防いで痛みを和らげます。そのため、痛み止めが原因となって脳に水が溜まるといったことも考えにくく、脳に水が溜まってしまっている場合には、痛み止めではない別の原因が考えられます。

大量服用すると、一時的な痛みも感じなくなる?

過剰に服用しても痛み止めの効果が高まることはなく、副作用リスクが高まります。これは、痛み止めに限らずどのような医薬品であっても同様のことであり、適切な用法用量を守って使用するようにしてください。

痛み止めを飲んで痛みが治まらない時に追加して飲むのはOK?

用法用量を守らず過剰に摂取してしまった場合、副作用リスクが高まります。ただし、痛み止めの中には数時間の時間を空ければ再び服用できるものもあるため、そういった種類の痛み止めの場合は、時間を空けてから服用するのは問題ありません。そういった医薬品以外の場合には、事前に医師に相談するなどするようにしてください。

痛み止めでなぜ眠気が出るの?

ロキソニンやボルタレンなどの痛み止めには眠くなる成分は配合されていませんが、個人差があるため眠くなられる方はいらっしゃいます。また、鎮痛解熱剤などに配合されている成分の中には眠気を引き起こすような成分が含まれている場合があるため、薬の種類によって成分が原因となっている場合があります。

痛み止めを食後や胃薬と一緒に飲むのはなぜ?

痛み止めとして一般的に使用されているロキソニンやボルタレンは胃への負担が大きい医薬品となっています。そのため、食事をしてから服用することによって胃への負担を軟げる必要があります。そのため、空腹時に痛みを抑えたいというような場合には、軽くでも食事をしてから服用することが推奨されています。


商品の梱包について

商品の梱包

パッケージ例となります。
商品やご注文単位によってはシート単位でのお届けとなる場合が御座います。
外箱に当サイト名や商品名が記載されることはないため、ご家族や配達員など第三者に内容を知られることは御座いません。


利用者の声

  • ブルフェンジェネリックは、我が家では主に頭痛薬として活躍してくれています。今までは生理痛の薬を飲んでましたが、やっぱりどうしても効かないこともあります。ブルフェンジェネリックは大体一発で効いてくれるので、痛みを感じたら最初にブルフェンジェネリックを頼るようになりました。副作用みたいなものもなさそうだし、日常の中でも使いやすくて、手放せません。

  • 市販薬より効果が強いので何度もリピートしています。体質によって鎮痛薬の相性があると聞いていましたがこれは私にはとても合っています。用途が広く、偏頭痛から二日酔い、腰痛まで効果を発揮してくれます。痛みがひどいときには一粒丸々飲むこともありますが、そうでない場合は半分の量でも効いてくれる万能薬ですね。カフェインが入っていないので寝る前に飲んでも問題ありません。

  • 私は鎮痛剤の中ではイブプロフェンが一番効くのでまとめ買いしています。黄色の粒は日本ではなかなかみない色ですが効果はまちがいありません。1粒まるごと飲むと成分量が多いので半分に割って飲むようにしています。普段は頭痛用に飲んでいますが風邪のひきはじめに来る喉の痛みにも効くので我が家では活躍の場が多いです。市販のものより効きがよくコスパも良いので助かります。

  • ロキソニンよりマイルドな効き目です。他のイブプロフェン含有薬を使用していましたがコスパがこちらの方がいいために乗り換えました。1粒400mgをそのまま飲んでも副作用は出ていませんが、半分でも私の偏頭痛は治まるため割って飲んでいます。それでも日本の200mgの薬よりよく効くとおもいます。ボルタレンは効きづらいですがロキソニンは強すぎるのでちょうど良い薬です。

  • ロキソニンやボルタレンより緩やかに効いてくる薬です。その分副作用も軽いため使いやすいです。歯の痛みや頭痛など幅広く効きます。同じものばかり飲むと耐性が付いてしまうのでこういった中間的なものがあると助かります。痛み始めなどは1錠飲む必要はないため、ピルカッターで半分に割ったものを持ち歩くようにしています。自分で飲む量を調整できるので使い勝手の良い薬です。

  • 頭痛用にアスピリンを飲んでいましたがこちらのほうが私には効きやすいです。頭痛が来ても痛みの程度がいつも違うため色々と使い分けています。ひどい痛みのときはロキソニンに頼りますが、少し気になる程度なら十分こちらで治まります。常に強い薬を飲み続けると耐性も付いてしまうため、使い分けるのにちょうどいい薬が見つかったのはありがたいです。値段も高くないため重宝しています。

  • 痛いけど病院に行くほどじゃない、という時にブルフェンジェネリックがあると便利。筋肉痛の時にも腰痛の時にもこれを飲んでました。痛み止めもそのうち耐性ができてしまうんじゃないかと思ってましたけど、今のところそんな心配はなさそうです。痛みの原因を治してくれるわけじゃないので、最終的には病院に行くべきです。でも痛みから早く解放されたい人は持っておくといいでしょう。

  • 肩こりからの頭痛で定期的に悩まされます。いくつか頭痛薬を飲んだり、肩に湿布を貼ってみてもだめでした。このジェネリックは比較的に効いてくれます。少なくとも、月に一回は飲んでるんじゃないかな。効果が早いのでありがたいです。すっかり頭痛と肩の薬と化してますが、実は他にも効果があるみたいなので、そのうち他の使用用途も見ておこうと思ってます。

  • 成人なので、目安は一日600mgを3分割して服用。ということで、できるだけ毎回半錠を飲むようにしたいところですが、普段使いするのにそんなのめんどくさすぎる。結果的に、半錠に割って2回に分けて飲むようにしてます。痛い時に飲む薬なので、その日のうちに2回も3回も飲むかなんてわからないし。こんなにおおざっぱな私には、市販薬の方が向いてるんでしょうね。

  • 病院のブルフェンは細かく分けられていた記憶があるんですが、通販のブルフェンジェネリックは一錠分が400mgしかないので、分量計算がややこしいです。私は一日で200mgの量を3回飲むことにしているので、ジェネリックの錠剤を全部半分に切って飲むことになります。面倒なので最初に全部半分に切ってから、密閉の容器に保管してます。あまり良くないかもしれませんけど…。

  • ブルフェンはどこかで見覚えがあると思ったら、以前に痛み止めとして病院でもらったことがありました。神経痛によく効いたので、そのジェネリックだったら心配ないと思いました。今は主に神経痛への対処としてジェネリックを使っています。先日は筋肉痛があったので飲んでみました。どうなるかわかりませんでしたがちゃんと効いたので、こういう使い方もあることを覚えておきます。

利用者の声を投稿する

投稿者名(任意)

満足度(必須)

登録メールアドレス(ポイント獲得を希望される場合)

口コミ(必須)

当商品の購入履歴が確認できた会員様からの投稿に対しては

100ポイントをプレゼント致します。

ポイントの獲得や投稿に関する規約はこちらをご確認下さいませ。

ページの一番上へ戻る