クレジットカード種類

銀行振込、コンビニ決済
に対応

パナドール(アセトアミノフェン錠)1 パナドール(アセトアミノフェン錠)2 パナドール(アセトアミノフェン錠)3 パナドール(アセトアミノフェン錠)4

パナドール(アセトアミノフェン錠)

有効成分 アセトアミノフェン
メーカー GSK 内容量 500mgx24錠
発送国 インド、台湾、香港、シンガポール 効果 解熱や鎮痛
副作用 嘔吐感や食欲不振など 用法 1回300~1,000mgを服用

このお薬の人気ポイント

・安全性が高く赤ちゃんにも使用可能

・国内でも需要が高まっている

商品詳細

パナドール(アセトアミノフェン錠)は鎮痛と解熱効果を持つ医薬品です。
有効成分のアセトアミノフェンは広く処方されている成分で国内ではカロナールやタイレノールAという商品名で販売されています。
アセトアミノフェンには主に2つの効果があります。
皮膚の血管を拡張し熱を放出し、痛みへの感覚を弱くすることで熱や痛みを緩和します。
風邪やインフルエンザなど感染症による発熱や頭痛、外傷によって引き起こされる炎症、歯の痛み、生理痛、筋肉痛、打撲痛、ねんざ痛など様々な痛みに対して鎮痛効果を発揮します。

鎮痛薬には他にもNSAIDs (非ステロイド性抗炎症薬)がありますが、パナドールはNSAIDsとは作用が異なるため効果は少し穏やかですが、安全性が高く赤ちゃんや子供に対しても投与可能です。
過剰摂取に注意する必要がありますが、長期服用が可能といった特徴があります。

昨今では新型コロナウイルスワクチン接種後の発熱や痛みに対して使用されることもあります。

パナドール(アセトアミノフェン錠) 500mg

個数選択 定価 販売価格 ポイント 購入
1錠 1錠
500mg × 24錠 79円 1,900円 63円 1,500円 45pt
500mg × 48錠 79円 3,800円 58円 2,800円 84pt
500mg × 72錠 79円 5,700円 56円 4,000円 120pt
500mg × 120錠 79円 9,500円 53円 6,400円 192pt
当サイトのサービス

パナドール(アセトアミノフェン錠)500mg x 24錠

1,500円

ポイント:45pt

10,000円以上購入で送料無料

在庫あり

数量:

ご入金前であればキャンセル可能です

只今、電話での問い合わせが大変込み合っております。

ネット電話での接続の為、保留の際は英語でのガイダンスが流れますが、何の問題も御座いませんのでお時間空けて改めてお電話頂けますと幸いです。

電話注文はこちら

同時に注文されている商品

イミグラン(偏頭痛)

痛み止め

イミグラン(偏頭痛)

1箱¥1,500

即効性の高い偏頭痛対策薬

マクサルト・ジェネリック(偏頭痛)

痛み止め

マクサルト・ジェネリック(偏頭痛)

1箱¥880

慢性的な偏頭痛対策に効果的

イベルメクチン

性病/感染症

イベルメクチン

1箱¥1,800

コロナへの効果で話題沸騰

用法・用量

【一般的な鎮痛や解熱の場合の場合】

1日の服用回数指定なし
1回の服用量300~1000mg
服用のタイミング指定なし
服用間隔4~6時間

【急性上気道炎による鎮痛や解熱の場合】

1日の服用回数1~2回
1回の服用量300~500mg
服用のタイミング指定なし
服用間隔指定なし
-一般的な鎮痛や解熱の場合-
1回300~1,000mg(0.6~2錠)をお水やぬるま湯などで服用してください。
1日2回以上服用する際は4~6時間ほど間隔を空ける必要があります。
症状や年齢によって適宜増減することができますが、1日の上限は4,000mg(8錠)となっています。
上限を超えての服用は控えてください。

-急性上気道炎による鎮痛や解熱の場合-
1回300~500mg(0.6~1錠)をお水やぬるま湯などで服用してください。
症状や年齢によって適宜増減することができますが、1日の上限は1,500mg(3錠)となっており、服用回数は1日2回までとなります。


空腹時の服用は避けるよう推奨されているため、食間に服用してください。
食後は成分の吸収が阻害されることがあるため、効果の発現に通常よりも時間がかかるおそれがあります。

注意点

アセトアミノフェンの過剰摂取は肝機能を低下させるおそれがあります。
パナドールを服用中の間は他の鎮痛薬や風邪薬は服用しないようにしてください。

飲酒量が多い方はパナドールの服用により肝障害を引き起こすおそれがあるため、該当する方はご注文前に医師の指示を仰いでください。

腎臓や心機能に以上のある方は併用により症状が悪化するおそれがあるため、ご注文前に医師の指示を仰いでください。

※用法・用量、注意点、副作用などに関しては一般的な薬剤情報を訳したものです。服用・使用前は医師などの専門家に相談した上で必ず用法・用量に従って頂ますようお願い致します。
また、服用や使用に関しては全て自己責任となりココロ薬局では一切の責任を負いかねます。


副作用

副作用の心配はほとんどありませんが、軽度の嘔吐感や食欲不振、腹痛などの症状があらわれることがあります。
過剰に摂取した場合は肝臓の調子が悪くなることがあるため、用法用量に従って服用してください。

ショック、アナフィラキシーなど重大な副作用が現れた際は服用を停止し、すぐに病院などで診察を受けてください。

服用方法や副作用・併用禁忌・注意のご説明には、商品の説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
医療用医薬品 : アセトアミノフェン
添付書類 : アセトアミノフェン


パナドール(アセトアミノフェン錠)のよくある質問について

カロナールを1日3回飲んでも大丈夫か?

カロナールの上限服用回数は、原則1日2回となっています。そのため、1日3回以上の服用をするという場合には、事前に医師に相談して判断を仰ぐといったことを行うようにしてください。

カロナールはのどの痛みや打ち身にも効果がありますか?

カロナールが打ち身や喉の痛みなどに効果を発揮する理由は、有効成分が中枢神経系に作用することで、痛みや炎症の原因となるプロスタグランジンの合成を抑制します。この作用によって痛みの元が作られるのを防いで痛みを和らげ改善へと導きます。

カロナールにハイになる物質は含まれていますか?

カロナールには服用することでハイになってしまうような物質は含まれていません。

生理痛にカロナールは効きますか?

カロナールの作用には頭痛や腹痛、腰痛や生理痛、歯痛など幅広い痛みに対して効果があります。詳しくは、添付文書の確認や医師や薬剤師に確認するようにしてください。

カロナール服用中の飲酒は大丈夫?

カロナールをアルコールで服用するなどした場合、カロナールの血中濃度などに影響があるといったことはありません。しかしながら、肝不全などのリスクがあるため、アルコールでの服用や服用後のアルコールなどは避けるようにしましょう。

頭痛薬は予防に飲んでも問題ありませんか?

偏頭痛の予防などに用いられる治療薬の場合があるため、痛みが起きてから服用する頭痛薬を予約のために使用することは推奨されていません。そのため、頭痛の予防に利用したいとお考えの場合は、事前に医師に相談して判断を仰ぐようにしてください。

頭痛薬の効き目が弱くなったと感じている場合は、増やしても問題ありませんか?

医薬品にはそれぞれ用法用量が決められています。そのため、決められている用法用量を守ってご使用ください。用法用量を無視して使用した場合、副作用のリスクが高まってしまうような場合もあるため、注意が必要です。

生理痛薬などの他の痛み止めと頭痛薬は併用してよいでしょうか?

医薬品にはそれぞれ、併用禁忌や併用注意があります。そのため、服用する治療薬によっては飲み合わせが悪いケースも考えられます。そのため、治療薬を併用する場合はまず、医師に問題がない蚊の確認を取った上でお考え下さい。

頭痛薬は頭痛だけでなく、喉の痛みや関節の痛みなどを引き起こしている炎症にも効果がありますか?

頭痛薬にはさまざまな種類があります。鎮痛解熱剤として処方されている頭痛薬の場合には、炎症を鎮める効果に期待できますが、偏頭痛の治療薬は血管を収縮させるといった作用しかないため、炎症には効果がないケースもあります。

頭痛薬は毎日継続的に服用しても問題ありませんか?

鎮痛解熱剤を常用した場合、薬物乱用頭痛や薬剤性頭痛と呼ばれる頭痛の原因になってしまう場合があります。そのため、頭痛薬を常用するのは避けた方がよいとされています。

頭痛薬は神経を麻痺させる麻酔薬みたいなものですか?

ロキソニンなどの鎮痛薬は炎症を引き起こす物質をつくる酵素の働きを抑えて痛みを鎮め、偏頭痛薬は頭の血管を収縮させることで神経の圧迫を抑えて痛みを改善します。そのため、頭痛薬には基本的に麻酔のような神経を麻痺させる効果はありません。


商品の梱包について

商品の梱包

パッケージ例となります。
商品やご注文単位によってはシート単位でのお届けとなる場合が御座います。
外箱に当サイト名や商品名が記載されることはないため、ご家族や配達員など第三者に内容を知られることは御座いません。


利用者の声

  • 効果と安さのバランスはイイカンジ!量も多すぎることないから、自分の使うペースに合わせて選べるのも良いね。流石に多すぎると使い切れずに破棄しなきゃいけなくなるから、程よい量を頼めるのは好印象。

  • 忙しいときでも簡単に買えるからいいですね。効果についても言うことナシって感じで、本当に買っておいて助かりました!

  • 無理してまでこれを使う必要はないかなっていうイメージ。薬局とかで風邪薬を買いに行く時間がないというような人とかはいいのかも?個人的には別に薬局でも良かったかなって印象なので、使う人の環境次第な部分かも。

  • 風邪の時に使わせてもらいましたけど、効果としては可もなく不可もなくといった印象。元がカロナールってことで、それ以上でもそれ以下でもないという印象ですね。

  • 安定の効果は流石といったところか。ただ、価格的には薬局で買うのとそこまで変わらないから、お得に買いたいっていう時はまとめて買う必要がありそう。

  • 病院で処方されるカロナール錠500と同じ成分量なので、普段からカロナール錠の500を飲んでる人なら、こっちに変えても遜色なく使えるかと思います。ただ、200mgのものを普段使ってる人からすると、分割したりしなきゃいけなくなるからその辺は手間かも?

  • 成分のアセトアミノフェンも500mgと充分だし、効果もいわずもがな!風邪でしんどいっていう時はこれがあれば、ひとまずは安心じゃないかな?

利用者の声を投稿する

投稿者名(任意)

満足度(必須)

登録メールアドレス(ポイント獲得を希望される場合)

口コミ(必須)

当商品の購入履歴が確認できた会員様からの投稿に対しては

100ポイントをプレゼント致します。

ポイントの獲得や投稿に関する規約はこちらをご確認下さいませ。

ページの一番上へ戻る