クレジットカード種類

銀行振込、コンビニ決済
に対応

アヌソールクリーム1 アヌソールクリーム2 アヌソールクリーム3 アヌソールクリーム4

アヌソールクリーム

有効成分 酸化亜鉛、酸化ビスマス、バルサムペル、モノステアリン酸グリセロール、流動パラフィン、プロピレングリコール、ポリソルベート60、ソルビタンステアレート、二酸化チタン、ヒドロキシ安息香酸メチル、ヒドロキシ安息香酸プロピル、水
メーカー Famar Orleans 内容量 23gx1本
発送国 香港・インド・シンガポール・タイ 効果 肛門の不快感を改善
副作用 患部のかゆみや刺激など 用法 肛門へ塗布

このお薬の人気ポイント

・塗るだけで肛門の不快感を改善

・ノズル付きで坐薬としても使える

商品詳細

アヌソールクリームはさまざまな有効成分を配合した肛門のかゆみや不快感を治療するためのクリームタイプの外用薬です。
痔に直接塗布して使うタイプの治療薬ですが、こちらの商品は専用のノズルもついており、肛門内にクリームを注入して使うこともできるようになっています。
2wayの使い方ができるので、内と外どちらの症状にも対応しています。
ノズルを使うことで手を汚さずにクリームを塗布することができるので、幅広い方にお使いいただけるようになっています。

配合されている有効成分が血管の収斂作用や皮膚を柔軟化させることで、肛門の各種不快感を効果的に改善へと導きます。

アヌソールクリーム 23g

個数選択 定価 販売価格 ポイント 購入
1本 1本
23g × 1本 3,800円 3,800円 2,700円 2,700円 81pt
23g × 2本 2,700円 5,400円 1,900円 3,800円 114pt
23g × 3本 2,333円 7,000円 1,633円 4,900円 147pt
当サイトのサービス

アヌソールクリーム23g x 1本

2,700円

ポイント:81pt

10,000円以上購入で送料無料

在庫あり

数量:

ご入金前であればキャンセル可能です

只今、電話での問い合わせが大変込み合っております。

ネット電話での接続の為、保留の際は英語でのガイダンスが流れますが、何の問題も御座いませんのでお時間空けて改めてお電話頂けますと幸いです。

電話注文はこちら

同時に注文されている商品

Liv.52 DS(肝臓ケア)

高血圧/糖尿病

Liv.52 DS(肝臓ケア)

1箱¥1,980

お酒を飲む機会が多い方へ

グルコバイ・ジェネリック(糖尿病)

高血圧/糖尿病

グルコバイ・ジェネリック(糖尿病)

1箱¥2,250

血糖値の増加を抑える医薬品

用法・用量

1日の使用回数1回
1回の使用量適量
使用のタイミング患部を清潔にして乾燥させた後
使用間隔指定なし
使用する箇所肛門
手や患部を洗い清潔にした状態で適量を塗布します。
坐薬として使用する場合は、付属の専用ノズルを使用します。
その場合も、ノズルを使用前に清潔に洗浄し、ノズルを取り付け肛門にノズルを挿入して適量を注入します。
ノズルの使用後もしっかりと洗浄して乾かして保管してください。

注意点

注意点
こちらの商品は外用専用であるため、外用以外の方法での使用はお控え下さい。
また、子供が使用した時の安全性なども確認されていないため、子供への使用もお控え下さい。

アヌソールクリームを使用しても症状が改善しないという場合は、専門医へ相談してください。

保管する場合は、直射日光や高温多湿を避けて保管してください。

※用法・用量、注意点、副作用などに関しては一般的な薬剤情報を訳したものです。服用・使用前は医師などの専門家に相談した上で必ず用法・用量に従って頂ますようお願い致します。
また、服用や使用に関しては全て自己責任となりココロ薬局では一切の責任を負いかねます。


副作用

患部のかゆみや刺激などの副作用が報告されています。
上記以外にも何かしらの副作用症状を感じた場合は、使用を中止し医師の診察を受けるようにしてください。

服用方法や副作用・併用禁忌・注意のご説明には、商品の説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
emc : Anusol Cream


アヌソールクリームのよくある質問について

痔の薬を肛門へ挿入してから便意を感じた場合、すぐに排便しても大丈夫ですか?我慢できる場合はどの程度待てばいいのでしょうか?

我慢できない場合には、すぐに排便することは問題ありません。ただし、坐薬などの場合は成分が吸収される前に便と共に排出されてしまうため、新たに坐薬を挿入したりする必要があります。坐薬は多くの場合30分程で溶けて吸収されていくため、挿入してから30分以上の時間が経過している場合は、排便して問題ないと考えられます。

内核痔の場合、治療薬はやはり肛門の中に注入しなければ改善しないのでしょうか?

肛門周辺に塗布して、痔に対して塗布できていない場合、改善の見込みは薄くなってしまいます。そのため、適切に肛門内に注入するという正しい使い方をすることが重要になります。

痔の薬を使った時、どのぐらいで痔は治るんでしょうか?

痔の初期の場合、一週間程でよくなるという方もいれば、数年継続している方もいます。また、症状が進んでいる場合は治療薬だけでの改善が難しく手術が必要になるケースもあります。

切れ痔の予防のために薬を塗っていますが、検便などの検査の時も塗って大丈夫でしょうか?

大腸がんなどを確認するための検便検査などを行う場合、薬の性で便表面についた血液を採取できなくなってしまうといった可能性が考えられます。そのため、検便検査の前の使用は控える方がよいと考えられます。

痔とカンジダの薬は同時に使用しても大丈夫でしょうか?

併用しても問題がない場合もあります。こちらについては、痔とカンジダそれぞれで使用する治療薬の相性次第となるため、どういった治療薬を使用するかを踏まえて、併用注意や併用禁忌を確認して併用が可能かどうかを確認するようにしましょう。


商品の梱包について

商品の梱包

パッケージ例となります。
商品やご注文単位によってはシート単位でのお届けとなる場合が御座います。
外箱に当サイト名や商品名が記載されることはないため、ご家族や配達員など第三者に内容を知られることは御座いません。


利用者の声

まだレビューはありません。

利用者の声を投稿する

投稿者名(任意)

満足度(必須)

登録メールアドレス(ポイント獲得を希望される場合)

口コミ(必須)

当商品の購入履歴が確認できた会員様からの投稿に対しては

100ポイントをプレゼント致します。

ポイントの獲得や投稿に関する規約はこちらをご確認下さいませ。

ページの一番上へ戻る