クレジットカード種類

左記クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済に対応

ファビピラビル錠(アビガン)(CRSST)

ファビピラビル錠(アビガン)(CRSST)の正規品を4,000円で販売中!さまざまなインフルエンザに効果的│安心してココロ薬局でご購入頂けます。

ファビピラビル錠(アビガン)(CRSST)

  • メーカー:CRSST Pharma
  • 発送国:香港・インド・シンガポール・タイ
  • カテゴリ:高血圧/糖尿病
  • 有効成分:ファビピラビル

このお薬の人気ポイント

・インフルエンザに対して高い効果を発揮する

・COVID-19に対する効果にも期待されている

商品詳細

ファビピラビル錠(アビガン)(CRSST)はインフルエンザ治療薬です。
こちらの商品は、国内でも処方されているインフルエンザ治療薬のアビガンと同一の有効成分を配合したジェネリック医薬品です。そのため、安価で購入していただくことが可能です。

インフルエンザ治療薬として、アビガンの他にタミフルが有名ですが、タミフルは特定の型のインフルエンザウイルスには非常に高い効果を発揮しますが、別の型には効果が全くなかったりします。
しかし、アビガンはタミフルなどと作用機序が異なっています。
そのため、インフルエンザウイルスの型に左右されずに、どのような型のインフルエンザにも高い効果を発揮します。
また、この効果はインフルエンザに限らず、ノロウイルスやエボラ出血熱ウイルスなどにも効果が期待できるとされ、実際に研究が進められています。

こうした様々なウイルスに高い効果を発揮する可能性があることから、現在世界にはびこるコロナウイルスに対しても効果が期待できるとされ、臨床試験も進められて います。

ファビピラビル錠(アビガン)(CRSST) 200mg40錠

個数選択 定価 販売価格 ポイント 購入
1箱 1箱
200mg40錠 × 1箱 5,700円 5,700円 4,000円 4,000円 120pt
200mg40錠 × 3箱 5,567円 16,700円 3,900円 11,700円 351pt
200mg40錠 × 5箱 5,540円 27,700円 3,880円 19,400円 582pt

ファビピラビル錠(アビガン)(CRSST)200mg40錠 x 1箱

4,000円

ポイント:120pt

10,000円以上購入で送料無料

在庫あり

数量:

只今、電話での問い合わせが大変込み合っております。

ネット電話での接続の為、保留の際は英語でのガイダンスが流れますが、何の問題も御座いませんのでお時間空けて改めてお電話頂けますと幸いです。

電話注文はこちら

関連ページ


同時に注文されている商品

イベルメクチン錠(CRSST)

性病/感染症

イベルメクチン錠(CRSST)

1箱¥1,600

イベルメクチンのジェネリック

イベルスマート

性病/感染症

イベルスマート

1箱¥1,700

ストロメクトールのジェネリック

デキサメタゾン錠(CRSST)

アレルギー・喘息

デキサメタゾン錠(CRSST)

1箱¥3,600

コロナウイルス治療薬としても承認


用法・用量

ファビピラビル錠の服用方法は
・1日目は1,600mgを2回
・2日目以降は600mgを2回
これを5日目まで継続服用します。

過剰に服用しても、効果が高まるといったことはありません。
逆に、過剰に服用することで副作用などのリスクが高まるため、適切に用法用量を守って服用する必要があります。

また、新型コロナウイルス感染症の治療に対する用法用量は通常のインフルエンザに対する用法用量と違う可能性があるため、医師に相談した上で適切な用法用量を把握してご利用ください。


注意点

ファビピラビル錠は
・ファビピラビルに対してアレルギーの既往歴がある方
・妊婦又は妊娠している可能性のある方
は服用してはいけません。
また、有効成分が精液へ移行するため、男性が服用する場合、服用後1週間は性交渉を行わないようにしたり、コンドームを着用し避妊を行う必要があります。

また、痛風を患っている方は、痛風が悪化する可能性があるため、服用の判断は慎重に行う必要があります。

※用法・用量、注意点、副作用などに関しては一般的な薬剤情報を訳したものです。服用・使用前は医師などの専門家に相談した上で必ず用法・用量に従って頂ますようお願い致します。
また、服用や使用に関しては全て自己責任となりココロ薬局では一切の責任を負いかねます。


副作用

ファビピラビル錠は重大な副作用として異常行動が報告されています。
服用後にそうした症状があらわれた場合、速やかに専門医の診察を受けるようにしてください。

また、軽度な副作用としては下痢や尿酸値増加、腹痛などが報告されています。
軽度な副作用症状があらわれる可能性は低く、治療薬の効果の消失と共に副作用症状も消失します。
そのため、薬の効果が消失しても副作用症状が消失しないような場合は、医師へ相談するようにしてください。

また、ファビピラビルには飲み合わせの悪い併用注意薬があります。
そのため、既に治療薬を服用しているような場合、併用しても問題がないかの確認を行うようにしてください。

服用方法や副作用・併用禁忌・注意のご説明には、商品の説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
Wikipedia:ファビピラビル


利用者の声

まだレビューはありません。

利用者の声を投稿する

投稿者名(任意)

満足度(必須)

登録メールアドレス(ポイント獲得を希望される場合)

口コミ(必須)

当商品の購入履歴が確認できた会員様からの投稿に対しては

100ポイントをプレゼント致します。

ポイントの獲得や投稿に関する規約はこちらをご確認下さいませ。

ページの一番上へ戻る