クレジットカード種類

銀行振込、マスターカード、コンビニ決済に対応

コルヒチン

コルヒチン

  • メーカー:Aspen Pharmacare Australia Pty Ltd
  • 発送国:香港・インド・シンガポール・タイ
  • カテゴリ:高血圧/糖尿病
  • 有効成分:コルヒチン

このお薬の人気ポイント

・高尿酸血症に伴う痛風症状の緩和に有効

・痛風症状の予防を目的として使用することも可能

商品詳細

コルヒチンは、主に高尿酸血症に伴う痛風発作の緩和および予防に用いられる医薬品です。
白血球の働きを抑制することで適応症を改善・予防します。また、家族性地中海熱、目や皮膚の炎症、口腔粘膜や外陰部の潰瘍などの治療に用いられることもあります。
ただし、本製剤は消炎・鎮痛作用が認められたものではありません。あくまでも痛風発作による各症状を和らげるものであり、炎症や痛みの緩和には解熱鎮痛剤の使用が推奨されています。

血液中に不要な老廃物(尿酸)が多く蓄積すると尿酸値が上昇し、高尿酸血症と診断されます。
この状態が続くと関節に尿酸の結晶が生成・蓄積されますが、この結晶は何かしらの刺激によって剥がれ落ちることがあります。その際、好中球(白血球の一種)が剥がれ落ちた尿酸結晶を取り込むことで、炎症を引き起こす物質が放出され、激痛が生じます。これが痛風です。

本製剤は、有効成分コルヒチンの働きによって好中球を阻害します。
痛風発作時は患部に好中球が集中しており、それらが炎症物質を揃って放出するために激痛が起こります。
コルヒチンには好中球の走化性因子に対する反応を低下させる働きがあり、これによって患部に好中球が集中することを防ぎます。
なお、本製剤はあくまでも痛風を一時的に軽減・予防するためのものです。根本的な原因である高尿酸血症を改善する効果は認められていません。高尿酸血症の治療を目的とする場合は、尿酸産生抑制剤や尿酸排泄促進剤など、他の治療薬を用いるようにしてください。

コルヒチン 500mcg30錠

個数選択 定価 販売価格 ポイント 購入
1本 1本
500mcg30錠 × 1本 ¥3,120 ¥3,120 ¥2,400 ¥2,400 72pt 売り切れ
500mcg30錠 × 2本 ¥2,080 ¥4,160 ¥1,600 ¥3,200 96pt 売り切れ
500mcg30錠 × 3本 ¥1,690 ¥5,070 ¥1,300 ¥3,900 117pt 売り切れ

コルヒチン500mcg30錠 x 3本

¥3,900

ポイント:117pt

10,000円以上購入で送料無料

売り切れ

電話注文はこちら

関連ページ


同時に注文されている商品

カレラ(糖尿病の改善)

高血圧/糖尿病

カレラ(糖尿病の改善)

1箱¥1,980

糖尿病やメタボにお悩みの方へ

ディオバン(高血圧症)

高血圧/糖尿病

ディオバン(高血圧症)

1箱¥6,300

高血圧を予防しリスクを軽減

テノーミン・ジェネリック(高血圧症)

高血圧/糖尿病

テノーミン・ジェネリック(高血圧症)

1箱¥1,900

副作用の少ない高血圧症改善薬


用法・用量

・痛風発作の軽減および予防
通常、成人はコルヒチンとして1日3~4mg(6~8錠分)を複数回に分けて服用します。
なお、服用量は年齢や症状の程度によって適宜増減します。
発病予防には1日0.5~1mg(1~2錠分)、発作予感時には1回0.5mg(1錠)を服用します。


注意点

効果には個人差があります。あらかじめご了承ください。
効果効能において定められた目的にのみ、用法用量を守って正しく服用してください。
発作の3~4時間前に先行する予兆を感知したら、その時点でなるべく早く服用してください。
飲み忘れに気付いた際は、そのタイミングですぐさま服用してください。ただし、次の服用時間が近いときは飲み忘れた分の服用をしないでください。
2回分を一度に服用しないでください。
本製剤には併用に注意すべき医薬品があります。他の医薬品を使用している方、新たに使用する方は必ず医師または薬剤師に相談してください。
肝障害のある方、腎障害のある方、高齢の方、お身体の弱い方は使用前にそのことを必ず医師または薬剤師に報告してください。
妊娠中の方、妊娠している可能性のある方、授乳中の方は使用前に必ず医師または薬剤師に相談してください。
小さいお子様の手の届かない場所に保管してください。
直射日光と湿気を避けて、室温(1~30℃)で保管してください。
服用中にグレープフルーツジュースは飲まないでください。

以下の方は本剤を使用しないでください。
・本製剤の成分に対して過敏症の既往歴のある方
・肝臓または腎臓に障害があり、肝代謝酵素CYP3A4を強く阻害する薬剤またはP糖蛋白を阻害する薬剤を服用中の方
・妊娠中の方、妊娠している可能性のある方(家族性地中海熱の場合を除く)

※用法・用量、注意点、副作用などに関しては一般的な薬剤情報を訳したものです。服用・使用前は医師などの専門家に相談した上で必ず用法・用量に従って頂ますようお願い致します。
また、服用・使用に関しては全て自己責任となり当サイトでは一切の責任を負いかねます。


副作用

服用後、以下のような症状があらわれる場合があります。
全身のそう痒、発疹、発熱、下痢、悪心・嘔吐、腹痛、腹部疝痛、血尿、乏尿、肝機能異常、Al-P上昇、脱毛など

発現頻度はごく稀ですが、以下のような重篤な副作用も確認されています。
再生不良性貧血、顆粒球減少、白血球減少、血小板減少、横紋筋融解症、ミオパチー、末梢神経障害など
その他、何かしらの異変を感じた際は速やかに使用を中止し、医師の診察をお受けください。


利用者の声

  • コルヒチンをリピート購入することになりました。理由はやはり通販の便利さと、きちんと効果のある薬だったという点ですかね。自分の場合ですが、発作が起きそうな時はなんとなくわかります。そういう時はすぐコルヒチンを飲むようにしました。おかげで近頃ははっきりした発作が一度も出てません。一度、コルヒチンを家に忘れた時はかなり不安になりました。精神安定剤にもなりつつある。

  • コルヒチン剤はすでに効き目を体感できていたため、通販で買えるのを知ってからすぐ「ほしい」と思いました。このサイトは初めての利用だったのに2本買いさせていただき、半月以上待ってようやく届けられました。物流のことを考えれば、今は通販は控えるべきだったのかもしれないと思いました。予想以上に購入だけで時間をかけることになりましたが、じっくり使わせてもらうつもりです。

  • 体のあちこちが痛くて、病院に行くのすらしんどく感じる時もよくあります。病院に行かないと楽になれないのはわかっていても…。そんな時は、コルヒチンが通販にあってよかったと思わされます。ですが遠慮なく飲んでいるとすぐになくなるので、基本的にコルヒチンは応急処置用として置いてます。発作が起きてから飲んでも、ある程度効いてくれるところが嬉しいです。

  • 病名がわかってからも全く気にしていなかったんですけど、そのうち痛みがひどくなって、普通の歩行もつらくなりました。発作が出ている時はメンタル面もぼろぼろで、何をしても治らない!などと思うほどには落ち込んでいます。最近になって治療薬の量を増やされたので、コルヒチンも最大の8錠を飲んでます。その影響か下痢する回数が増えましたけど、発作は減りました。

  • 痛風が発覚したのは去年でしたが、その時点ではまだ症状が薄かったため油断していました。最近では、気づいたら足や指が腫れていたりすることも少なくない状態にまでなっていました。痛みに苦しむ私のために、嫁が調べてくれたのがコルヒチンです。発作に効果がある薬ということで、すぐに活用を始めました。1日6錠から飲み始めて、今はひとまず腫れが消えました。

  • 病院で検査するといつも尿酸値が11以上という結果で、一度痛風が出てくるとそこからだいぶ長く続いてしまいます。なのでいよいよこちらのお薬を注文してみました。まず効果としては、ロキソニンなんかよりも全然いい感じがします。痛みはかなり和らぐようになったので、もっと早めに買っておけばよかったかもしれないですね。いいものを売ってくれてありがとうございます。

  • 使用後すぐに効果が現れるので重宝しています。私の場合は半日くらいで感じますね。痛風があまりにもひどいと仕事がまともにできなくなるため、絶対に切らさないようにしています。コルヒチンはよく効くという噂を同僚から聞いていましたが、まさに言葉通りでした。特にこれといった悪い症状は出てませんし、これからも末永くコルヒチンのお世話になっていくつもりです。

  • 自分はコルヒチンを現在リピート中です。痛みが出てきそうになったときに服用すれば、発作が起こってしまう前に止めることが可能。おかげで痛風の痛みに苦しめられてしまうことが大幅に減りました。というより、ほぼゼロに等しいくらい。発作が起こると普通に歩くこともだいぶ困難になったりするので、そんなリスクもこれひとつでうまく回避することができますよ。

  • 発作する前のチリチリするような神経痛を感じることがある場合に、こちらを飲むようにしています。あまりにもひどい場合は、ボルタレンも使ったりしますね。これである程度痛みを抑えられるので、常備しておけばかなり安心感があります。価格設定も絶妙なので、購入しやすいのもポイントかな。とりあえず病院でお薬をもらいに行く必要は、こちらのおかげでなくなりました。

  • 痛風対策として購入。普段から食事にできる限り気をつけるようにしていますが、それでもやっぱり症状が出てきてしまうことがあります。いつでもそんな状況が訪れてもいいように、コルヒチンは持ち歩くようにしていますね。初期段階で飲むようにすればしっかり治まるため、とてもおすすめできるお薬です。だらしない食生活をしてしまっている方は、持っておいて損なし。

利用者の声を投稿する

投稿者名(任意)

満足度(必須)

登録メールアドレス(ポイント獲得を希望される場合)

口コミ(必須)

当商品の購入履歴が確認できた会員様からの投稿に対しては

100ポイントをプレゼント致します。

ポイントの獲得や投稿に関する規約はこちらをご確認下さいませ。

ページの一番上へ戻る