クレジットカード種類

銀行振込、マスターカード、コンビニ決済に対応

ピルフェヒール

ピルフェヒール

  • メーカー:Centurion Remedies Pvt. Ltd
  • 発送国:香港・インド・シンガポール・タイ
  • カテゴリ:高血圧/糖尿病
  • 有効成分:ピルフェニドン

このお薬の人気ポイント

・ピレスパ錠のジェネリックで安価

・毎日の服用で病気の進行を抑制

商品詳細

ピルフェヒールは特発性肺線維症の治療薬です。
同一の有効成分を含有する先発医薬品のピレスパ錠は、世界初の特発性肺線維症に有効な抗繊維化薬として、日本国内の病院でも処方されています。症状の進行を抑制し呼吸機能を正常に保つ効果が期待できます。ピルフェヒールはピレスパ錠のジェネリック医薬品になるため、同一の有効性を低価格で試すことができます。

特発性肺線維症とは、肺が線維化して機能が失われる病気です。
肺が線維化する中でも原因不明のものが特発性肺線維症(IPF)と呼ばれています。
通常、健康な肺は肺胞にダメージが与えられても修復しますのでガス交換に支障は現れません。しかし、長期的にダメージが与え続けられると、継続的な修復作用によって間質(肺胞の壁)が厚くなり、線維化が生じます。
間質が線維化すると肺が膨らむ事ができず、酸素不足によって息切れしやすくなったり空咳が出るようになったりし、症状が悪化すると呼吸困難を起こします。

特発性肺線維症は完治が困難とされている病気ですが、薬によって進行を抑制することができます。
ピルフェヒールの有効成分であるピルフェニドンには、肺の線維化に大きく関与している炎症性サイトカインの産生を抑制する作用があります。この作用によって線維化の進行を抑えて肺機能の悪化を防ぎます。
また、症状が悪化した場合には、ステロイドや免疫抑制剤などの薬を併用します。

特発性肺線維症を悪化させないためには投薬を生涯続けなければなりませんが、ジェネリック医薬品であるピルフェヒールに切り替えることで経済的な負担を大幅に減らせます。

ピルフェヒール 200mg30錠

個数選択 定価 販売価格 ポイント 購入
1箱 1箱
200mg30錠 × 1箱 ¥7,670 ¥7,670 ¥5,900 ¥5,900 177pt

ピルフェヒール200mg30錠 x 1箱

¥5,900

ポイント:177pt

10,000円以上購入で送料無料

在庫あり

数量:

電話注文はこちら

関連ページ


同時に注文されている商品

ラスナ(高血圧の低下)

高血圧/糖尿病

ラスナ(高血圧の低下)

1箱¥1,660

コレステロール値が気になる方へ

カデュエット(高血圧症)

高血圧/糖尿病

カデュエット(高血圧症)

1箱¥6,180

悪玉コレステロールを抑制する


用法・用量

通常、成人はピルフェニドンとして初期投与量1回200mgを1日3回(1日600mg)食後に服用します。
経過観察しながら1回投与量を200mgずつ増やし、1回600mg(1日1800mg)で服用します。

なお、投与量は症状によって適宜増減することができます。


注意点

服用を忘れた際には、軽食を摂った上ですぐに服用してください。ただし、次の服用時間が近い場合には服用する必要はありません。なお、2回分をまとめて服用したり空腹時に服用しないでください。
本剤成分に対して過敏症の既往歴がある方は服用しないでください。
本剤は分割や粉砕せず、噛まずにそのまま服用してください。
本剤は特発性肺線維症の治療に精通している医師の指示に従って服用してください。
自己判断で休薬したり量を増減しないでください。
フルボキサミンやシプロフロキサシンとの併用は副作用を増強させる恐れがあります。
喫煙によって病状を悪化させたり薬の作用に影響するため、タバコは控えてください。
本剤服用中は車の運転や機械の操作等危険を伴う行為は避けてください。
本剤服用中は光線過敏症が起こりやすいため、外出時には紫外線対策を十分にしてください。
本剤を使用する際には、定期的に肝機能検査を受けてください。
持病がある、高齢、妊娠中(可能性含む)、授乳中の方は事前に医師や薬剤師へ相談してください。
直射日光の当たらない湿度や温度の低い場所で保管して下さい。
また、小さなお子様の誤飲を避けるためお子様の手が届かない場所に保管して下さい。

※用法・用量、注意点、副作用などに関しては一般的な薬剤情報を訳したものです。服用・使用前は医師などの専門家に相談した上で必ず用法・用量に従って頂ますようお願い致します。
また、服用や使用に関しては全て自己責任となりココロ薬局では一切の責任を負いかねます。


副作用

副作用として光線過敏症、胃腸障害(食欲不振、吐き気、嘔吐、下痢など)が現れる恐れがあります。
また、まれに重篤な副作用として肝機能障害と黄疸が現れることがあります。
服用後に異常を感じた際には服用を中止して、医師の診察を受けてください。


利用者の声

  • 特発性肺線維症のお薬はピレスパ錠をずっと飲んでおり、症状をしっかりと抑えることができていました。でも、価格だけはちょっと高く感じていたのでどうしても安くならないかなと考えていました。そのため、このピルフェヒールを見つけたときはもっと早く購入しておけばよかったという後悔を感じました。効果はこれまで通りだったので、これからはピルフェヒールを常用していきます。

  • この薬の成分が私の体質と合わないのか、飲み方がまずいのかちょっとわかりませんが、飲むたびに薬の副作用が出てしまいます。特に出るのではお腹の痛みですね。飲んだ後がお腹が締め付けられるような痛みを感じます。ただ、特発性肺線維症による症状は鎮まってくれるので薬の効果そのものはちゃんとありました。でも、副作用を毎回起こすのは嫌なので今後の服用は控えようと思います。

  • 特発性肺線維症で肺のあたりが苦しかったのですが、このピルフェヒールのおかげで症状は楽になっています。他にも特発性肺線維症用のお薬は飲んだことがありますが、この薬が1番効いていると思います。値段が安いだけでなく、効果にも確実性があるので私のように特発性肺線維症で悩む人には1度試してほしいなと思っています。私はここしばらくの間はこの薬で症状を抑えようと思います。

  • 私は40代くらいから特発性肺線維症を患ってしまい、継続的な服用が必要になっています。そのため、基本的にお薬を切らすことができません。正直、経済的に余裕があるわけではないのでお薬代は少しでも抑えたいと思っていました。そのため、このピルフェヒールのようなジェネリック医薬品は本当に助かっています。先発品を購入するときよりも負担が大きく減っています。

  • なんとなく息が苦しいなと思って、病院に行くと特発性肺線維症という聞き覚えのない病気になっていることが判明。その際は病院からお薬を処方してもらってなんとか治していました。でも、いつ同じような症状が出てもいいようにこのピルフェヒールを常備しています。1、2回飲むと胸の苦しいような感じを抑えて楽にしてくれます。私にとっては今後も必要なお薬になっています。

  • 特発性肺線維症というのはその原因が不明と言われていたりしますが、こちらのお薬で症状が進行してしまうのをしっかり防ぐことができます。なのですごく重宝してますね。多少の食欲不振は感じてしまいましたが、他の副作用については何も起こっておりません。これなら継続的に使用していけそうです。皆さんのおっしゃるように安いので、私にとっても注文しやすく本当に助かります。

  • かなり長いことピレスパ錠を使用していました。しかし経済的にしんどくなってきてしまったため、今回はピレスパ錠の代わりとなりそうなピルフェヒールを購入。まず値段が全然違うので、これに変えてからはだいぶラクになりました。もちろん効果も変わらないので、問題なく続けていけそうな感じです。これ以上安いものが見つからない限りは、永遠に続けていこうと思ってます。

  • ピルフェヒールによって肺線維症の症状をしっかり抑えることができているので、すごく助かっています。正直いつ病気が進行してしまうのかという心配はずっとありますが、とりあえず現状はピルフェヒールを服用して様子を見ていきたいなと思います。1箱あたりの値段がとても安いので、これだったらそんなに余裕がない私にとっても購入しやすいですね。いい商品をありがとうございます。

  • 長期的に使う必要性があるため、できるだけ安いものがいいなと思いたどりついたのがこちら。ピレスパ錠と同じ成分を含んでいるから、効果については何も問題なし。それでコスパがいいのは嬉しいよね。つらい症状はこれひとつで、大体なんとかなります。これからもピルフェノールでしっかり乗り越えていこうと思っているので、定期的にリピートさせていただきます。

  • ジェネリック医薬品といっても成分が同じなので、当然こちらもピレスパと比べて大きな違いはまったく感じませんでした。なのでピレスパをすでに使っているという方は、こちらのジェネリック医薬品に乗り換えて見てもいいんじゃないかなと思います。ジェネリックであることにより費用を大幅に抑えることができるので、多くの方は助かるはず。私にとってもかなりメリットが大きいですね。

利用者の声を投稿する

投稿者名(任意)

満足度(必須)

登録メールアドレス(ポイント獲得を希望される場合)

口コミ(必須)

当商品の購入履歴が確認できた会員様からの投稿に対しては

100ポイントをプレゼント致します。

ポイントの獲得や投稿に関する規約はこちらをご確認下さいませ。

ページの一番上へ戻る