クレジットカード種類

銀行振込、マスターカード、コンビニ決済に対応

ボグリヒール

ボグリヒール

  • メーカー:Healing Pharma LLC
  • 発送国:香港・インド・シンガポール・タイ
  • カテゴリ:高血圧/糖尿病
  • 有効成分:ボグリボース

このお薬の人気ポイント

・糖尿病治療や予防に有効

・ベイスン錠と同一成分で安心

商品詳細

ボグリヒールは食後の急激な血糖値上昇を抑える薬です。
主に糖尿病や耐糖能異常治療に有効で、病院で処方されているベイスン錠と同一有効成分を含有しています。

血糖値とは体内を循環している血液中のブドウ糖の濃度を表しています。
正常な血糖値は空腹時60〜110mg/ dl、食後100~140mg/dlと考えられており、血糖値は正常値以上でも以下でも健康に影響を与えます。
血糖値が慢性的に高い場合、血液中のブドウ糖濃度が濃くなり、糖尿病を発症します。また、症状が悪化すると心臓病や腎不全といった合併症を引き起こすリスクが高まります。
そのため、糖尿病治療では食生活の見直しや運動習慣とともに、薬を用いて血糖値をコントロールします。

ボグリヒールの有効成分であるボグリボースはα-グルコシダーゼ阻害薬に分類され、従来の血糖降下薬とは異なる作用機序となっています。
ボグリヒールには炭水化物をブドウ糖に分解する酵素の働きを抑制する作用があります。α-グルコシダーゼとは炭水化物や糖をブドウ糖に分解する酵素で、酵素の働きを阻害することでブドウ糖の消化吸収を遅らせ、食後の血糖値上昇を緩やかにします。
また、急激な血糖値の上昇を抑えることでインスリンを分泌する膵臓の負担軽減にも繋がります。

ボグリヒールは糖尿病の治療はもちろん、糖尿病による合併症の発症予防にも有効です。
ほかにもボグリヒールは糖尿病予備群である耐糖能異常に対する有効性も認められており、早期の服用で糖尿病の発症を予防できます。

ボグリヒール 0.2mg30錠

個数選択 定価 販売価格 ポイント 購入
1箱 1箱
0.2mg30錠 × 1箱 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 0pt 売り切れ
0.2mg30錠 × 2箱 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 0pt 売り切れ
0.2mg30錠 × 3箱 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 0pt 売り切れ

ボグリヒール 0.3mg30錠

個数選択 定価 販売価格 ポイント 購入
1箱 1箱
0.3mg30錠 × 1箱 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 0pt 売り切れ
0.3mg30錠 × 2箱 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 0pt 売り切れ
0.3mg30錠 × 3箱 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 0pt 売り切れ

ボグリヒール x

¥0

ポイント:0pt

10,000円以上購入で送料無料

売り切れ

電話注文はこちら

関連ページ


同時に注文されている商品

バエル(胃腸ケア)

高血圧/糖尿病

バエル(胃腸ケア)

1箱¥1,980

胃腸トラブルにお悩みの方へ

ノルバスク(高血圧症)

高血圧/糖尿病

ノルバスク(高血圧症)

1箱¥2,470

高血圧症や狭心症の予防に有効


用法・用量

通常、成人は1日3回、1回につきボグリボースとして0.2mgを食前に経口投与します。
食直前に服用を忘れた場合、食事中に服用してください。ただし、食後や空腹時には服用しないでください。

なお、効果が十分に感じられない場合には、経過観察しながら1回投与量を0.3mgまで増量可能です。


注意点

本剤の成分に対して過敏症の既往歴がある方は服用できません。
重症ケトーシス、糖尿病性昏睡や前昏睡、重症感染症、手術の前後、重篤な外傷がある方は使用できません。
肝臓、腎臓、向上性疾患がある場合は事前に医師に相談してください。
妊娠の可能性がある女性は事前に医師に相談してください。
本剤の服用中は必ず食事療法と運動療法を行なってください。
他の糖尿病薬と服用すると低血糖症状を起こす恐れがあるため、必ずブドウ糖を摂取してください。
本剤服用中は必ず定期的に検査を受けてください。
放屁の増加や腹部の膨張感が現れることがありますが、時間の経過とともに消失します。
低血糖によるめまいやふらつきが生じる恐れがあるため、車の運転や高所での作業等危険な行為は避けてください。
直射日光の当たらない湿度や温度の低い場所で保管して下さい。
また、小さなお子様の誤飲を避けるためお子様の手が届かない場所に保管して下さい。

※用法・用量、注意点、副作用などに関しては一般的な薬剤情報を訳したものです。服用・使用前は医師などの専門家に相談した上で必ず用法・用量に従って頂ますようお願い致します。
また、服用や使用に関しては全て自己責任となりココロ薬局では一切の責任を負いかねます。


副作用

服用開始時に腹部の膨張感、軟便、放屁の増加などが現れやすくなります。
また、他の血糖降下薬との併用による低血糖を招く恐れがあります。震え、動悸、強い空腹感、イライラなどの症状が現れた場合にはすぐにブドウ糖を摂取してください。
他にも極稀に重篤な副作用として肝障害が報告されています。
服用後に何か異常があった場合には使用を中止して、医師の診察を受けてください。


利用者の声

まだレビューはありません。

利用者の声を投稿する

投稿者名(任意)

満足度(必須)

登録メールアドレス(ポイント獲得を希望される場合)

口コミ(必須)

当商品の購入履歴が確認できた会員様からの投稿に対しては

100ポイントをプレゼント致します。

ポイントの獲得や投稿に関する規約はこちらをご確認下さいませ。

ページの一番上へ戻る