クレジットカード種類

銀行振込、コンビニ決済
に対応

リオフェンXL1 リオフェンXL2 リオフェンXL3 リオフェンXL4

リオフェンXL

有効成分 バクロフェン
メーカー Sun Pharma Laboratories Ltd. 内容量 20mg50錠x1箱
発送国 香港・インド・シンガポール・タイ 効果 脳血管障害などの改善
副作用 眠気や脱力感など 用法 1日5~30mgを1~3回に分けて服用

このお薬の人気ポイント

・痙性麻痺や脳卒中の後遺症改善に効果的

・優れた効果で筋肉を緩める筋弛緩剤

商品詳細

リオフェンXLは筋肉をほぐす医薬品です。
日本で流通しているギャバロン錠やリオレサール錠と同じ有効成分を含有しており、主に脳血管障害、多発性硬化症、外傷後遺症、術後後遺症などの治療に用いられています。

リオフェンXLは有効成分としてバクロフェンを含有する抗痙縮剤です。
バクロフェンは脊髄や脳幹の筋肉運動に関する神経を遮断し、脳から送られる信号を伝わりにくくする作用があります。また、バクロフェンには血流を改善する作用もあり、疲労物質や痛みの原因となる物質の蓄積を防ぎます。
このようにリオフェンXLには筋弛緩作用と結構改善作用があるため、服用することで筋肉の緊張が緩和され、筋肉の痛み、こわばり、突っ張りなどが緩和します。
なお、本剤は同類薬の中では副作用が出やすい傾向がありますが、有効性が高いため速やかに動作や歩行を回復へと導きます。

リオフェンXL 20mg50錠

個数選択 定価 販売価格 ポイント 購入
1箱 1箱
20mg50錠 × 1箱 6,760円 6,760円 5,200円 5,200円 156pt 売り切れ
当サイトのサービス

リオフェンXL20mg50錠 x 1箱

5,200円

ポイント:156pt

10,000円以上購入で送料無料

売り切れ

只今、電話での問い合わせが大変込み合っております。

ネット電話での接続の為、保留の際は英語でのガイダンスが流れますが、何の問題も御座いませんのでお時間空けて改めてお電話頂けますと幸いです。

電話注文はこちら

他の痛み止めとの違いについて

商品タイプ 内服(錠剤) 内服(カプセル) 外用(ジェル) 外用(座薬)
代表的な商品名 ボルタレン ボルタレンカプセル ボベラン・ジェル ボルタレンサポ
使用頻度 1日3回 1日1~2回 1日3~4回 1日1~2回※1

※1 初めて使用される場合は1日1回、低用量から開始してください。


同時に注文されている商品

コビックス(セレコックス)

痛み止め

コビックス(セレコックス)

1箱¥1,620

様々な痛みに幅広く使える

ボルタレンカプセル

痛み止め

ボルタレンカプセル

1箱¥4,950

効果が現れるのが早い鎮痛剤

ナイキサン・ジェネリック

痛み止め

ナイキサン・ジェネリック

1箱¥2,850

比較的副作用の少ない鎮痛剤

用法・用量

1日の服用回数1~3回
1回の服用量5~15mg
服用のタイミング食後
服用間隔指定なし
1日1~3回に分け、初回は1日5~15mgを食後に水やぬるま湯と一緒に服用します。
以後、症状を観察しながら標準用量の1日30mgに達するまで、2~3日ごとに1日5~10mgずつ増量します。

小児が服用する場合、1日1~2回に分けて1日あたり5mgを食後に水やぬるま湯と一緒に服用します。
以後、標準用量に達するまで2~3日ごとに1日5mgずつ増量してください。
いずれの場合も症状や体重に応じて、適宜増減します。

注意点

服用を忘れた場合には思い出したときにすぐ服用して下さい。ただし、次の服用時間が近い場合は服用せず、次回分から通常どおり服用して下さい。
安全にご使用いただくためにも自己判断で中断せず、医師の指示に従って下さい。

※用法・用量、注意点、副作用などに関しては一般的な薬剤情報を訳したものです。服用・使用前は医師などの専門家に相談した上で必ず用法・用量に従って頂ますようお願い致します。
また、服用や使用に関しては全て自己責任となりココロ薬局では一切の責任を負いかねます。


副作用

眠気や脱力感、悪心などの症状が起こることがあります。
特に投与量が多いと精神や神経に関する症状が現れやすくなるためご注意下さい。

服用方法や副作用・併用禁忌・注意のご説明には、商品の説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
医療用医薬品 : ギャバロン
添付文書 : ギャバロン


リオフェンXLのよくある質問について

服用してからどのぐらいで効果があるのか?

効果の発現までの時間は同じ痛み止めを服用したとしても、早く効果があらわれる方もいれば、効果があらわれるまで時間がかかる方もいます。また、服用する痛み止めの種類によっても、効果があらわれるまでの時間なども違っています。痛み止めとの相性には個人差があるため、適切な痛み止めを知るには医師と相談しながら探すようにしてください。

痛み止めを飲んだ時のアルコールは控えるべき?

ロキソニンやボルタレンなどの痛み止めは胃の負担が大きく、胃不快感などの副作用があります。その上で、胃酸の分泌を促すアルコールを飲むことで、胃への負担がさらに大きくなってしまいます。そのため、どういった種類の痛み止めに限らずアルコールと併用は避けた方が無難です。また、痛み止めに限らずアルコールと医薬品の併用は避けた方がよいとされています。

痛み止めを飲むと脳に水が溜まるって本当?

痛み止めの服用で脳に水が溜まるといった報告はありません。多くの痛み止めは酵素の働きを阻害して痛みの原因物質が作られるのを防いで痛みを和らげます。そのため、痛み止めが原因となって脳に水が溜まるといったことも考えにくく、脳に水が溜まってしまっている場合には、痛み止めではない別の原因が考えられます。

大量服用すると、一時的な痛みも感じなくなる?

過剰に服用しても痛み止めの効果が高まることはなく、副作用リスクが高まります。これは、痛み止めに限らずどのような医薬品であっても同様のことであり、適切な用法用量を守って使用するようにしてください。

痛み止めを飲んで痛みが治まらない時に追加して飲むのはOK?

用法用量を守らず過剰に摂取してしまった場合、副作用リスクが高まります。ただし、痛み止めの中には数時間の時間を空ければ再び服用できるものもあるため、そういった種類の痛み止めの場合は、時間を空けてから服用するのは問題ありません。そういった医薬品以外の場合には、事前に医師に相談するなどするようにしてください。

痛み止めでなぜ眠気が出るの?

ロキソニンやボルタレンなどの痛み止めには眠くなる成分は配合されていませんが、個人差があるため眠くなられる方はいらっしゃいます。また、鎮痛解熱剤などに配合されている成分の中には眠気を引き起こすような成分が含まれている場合があるため、薬の種類によって成分が原因となっている場合があります。

痛み止めを食後や胃薬と一緒に飲むのはなぜ?

痛み止めとして一般的に使用されているロキソニンやボルタレンは胃への負担が大きい医薬品となっています。そのため、食事をしてから服用することによって胃への負担を軟げる必要があります。そのため、空腹時に痛みを抑えたいというような場合には、軽くでも食事をしてから服用することが推奨されています。


商品の梱包について

商品の梱包

パッケージ例となります。
商品やご注文単位によってはシート単位でのお届けとなる場合が御座います。
外箱に当サイト名や商品名が記載されることはないため、ご家族や配達員など第三者に内容を知られることは御座いません。


利用者の声

  • 全身の筋肉がビリビリと痺れるような症状がよくあったので、このリオフェンを購入しました。しびれもまるで無かったかのようにスッキリと治すことができました。おかげでしびれを気にせずに毎日を送ることができます。ジェネリック医薬品なので、値段も安くて購入もしやすかったです。また、同じような症状が現れたときはこのリオフェンをリピート購入しようかなと思っています。

  • ストレートネックから来る肩凝りや首の凝りにずっと悩んでいたので、こういった薬はすごく助かります。自分はパソコンで仕事をするため、いつも長時間座りっぱなしです。でも今は薬のおかげで、だいぶ快適な状態になりました。今までは痛みが激しすぎて眠ることも大変でしたが、もうそんなことはほとんど起こりませんね。本当にいい薬とめぐり会えてしあわせです。

  • ストレスによって背中や胸、腰などに強い痛みを感じるようになりました。そのためリオフェンを飲んで現在様子を見ているところです。今のところ、そこまでハッキリと効き目を感じてはいません。もうしばらく使っていくと効いてくるのかな?値段は結構安いんで、そこはよかったと思います。皆さんのように早くラクな状態になりたいので、期待して継続していきたいと思います。

  • 確かにこれで筋肉がほぐれて、体全体がだいぶラクになったのを実感しました。しかしながら、私の場合どうしてもこれで眠気が来るので少し寝ないとつらいですね。なので仕事があるタイミングで飲むのは、あまりおすすめできないかな?あくまでも個人的にそう思うだけなので、参考までに。ただ間違いなく効き目はしっかりあるので、どうしても我慢できない人にはアリだと思います。

  • 毎日のように肩凝りの痛みと闘っているような状態だったので、買ってみることにしました。薬による副作用は特に何もなく、非常に快適です。痛みはだいぶ取り除くことができるので、本当に気持ちいい日々を過ごせています。マッサージを受けに行くのは手間もお金もかかるので、私のように余裕がない方にはうってつけの薬だと思いました。いろんな方に使ってみてほしい薬ですね。

  • まったく同じ成分を含む薬を病院から処方してもらっていたんですが、長期的に使うことを考えると少しでも安いものを使っていかないといけないなと思い、現在こちらの通販でリオフェンを買わせていただいております。これならあまり費用を気にせず継続できるので、大変ありがたいです。もちろん効果の方も処方してもらっていたものと同じような感じなので、これからも活用していきます。

  • 私は脳の病気を患っており、その影響で体がよくピリピリしたような感じになっていました。リオフェンを飲むと、体のピリピリする症状が軽くなるので、症状を気にせずに生活を行うことができます。また、効果が続くのもけっこう長いので仕事なども円滑に行うことができます。なかなか完治するのが難しい病気ですが、このリオフェンとともに上手く付き合いながら症状を緩和していきます。

  • 転職してから頭痛が習慣になりました。体が緊張状態になっている影響らしいです。なので、頭痛解消のためにリオフェンを取り寄せて、何度か飲んでみました。なんとなく力が抜けて、不思議な感覚です。頭痛はわずかにましになったかもしれませんが、効き目よりも飲んだ後の異常な脱力感が気になります。友達には、もう飲まない方がいいと言われました。とりあえず、再購入はなさそうです。

  • 痙性麻痺の症状がよく出るので、このリオフェンは私にとっては必須のお薬になっています。筋肉の痛みやしびれなどがよく起こっていたのですが、この薬のおかげでかなり抑えることができています。症状が悪化したりすることもほとんどありません。飲み始めたころは副作用も何回あったのですが、今はほとんどありません。リオフェンにいたっては1度も副作用が起きたことがありません。

  • これまでは病院でリオレサールを処方してもらっており、それを続けて飲んでいました。このリオフェンはそのリオレサールのジェネリック医薬品ということなので、こっちに切り替えています。効果も同じくらいに効いているので薬そのものにはなんの問題も無いと思います。値段はリオレサールよりもずっと安いんで経済的には助かっていいます。今後はこのリオフェンにしようと思います。

  • 最近体の筋肉のあちこちに痛みを感じるようになっていました。最初は単なる筋肉痛かと思っていましたが、何日経っても痛みが和らぐことはありません。病院に行ったら脳の病気の可能性があるといわれてしまい、この薬を飲みながら治療しています。この薬を飲むと、筋肉の突っ張るような痛みが和らいでいきます。筋肉の痛みの症状はかなりこの薬で改善することができています。

利用者の声を投稿する

投稿者名(任意)

満足度(必須)

登録メールアドレス(ポイント獲得を希望される場合)

口コミ(必須)

当商品の購入履歴が確認できた会員様からの投稿に対しては

100ポイントをプレゼント致します。

ポイントの獲得や投稿に関する規約はこちらをご確認下さいませ。

ページの一番上へ戻る