クレジットカード種類

銀行振込、マスターカード、コンビニ決済に対応

オングリザ

オングリザ

  • メーカー:Bristol Myers Squibb
  • 発送国:香港・インド・シンガポール
  • カテゴリ:高血圧/糖尿病
  • 有効成分:サクサグリプチン

このお薬の人気ポイント

・体重増加に繋がりにくい

・低血糖が起こりにくい

商品詳細

オングリザは、インクレチン(GLP-1、GIP)を分解する酵素のジペプチジルペプチダーゼ-4(DPP-4)の働きを阻害することにより血糖値上昇抑制作用を発揮する国内で7番目のジペプチジルペプチダーゼ-4阻害薬となります。

食事を摂ることでインクレチンと呼ばれる消化管ホルモンが分泌されて、膵臓に対しインスリンの分泌を促進します。
併せてインクレチンは膵臓からのグルカゴンの分泌を低下させることで、肝臓での糖の生成を抑制します。
インクレチンはこのような働きで血糖を下げますが、血糖に依存して作用するので血糖値が低い時はインスリンの分泌を促進しなくなり必要以上には血糖を下げません。

糖尿病は、このインスリン分泌がなくなったり、分泌量が低下することによって血糖値が上昇してしまう疾患です。

オングリザの有効成分であるサキサグリプチンは、インクレチンを分解する酵素であるジペプチジルペプチダーゼ-4の働きを阻害します。
その効果によって、インクレチンの分解が抑制されてインクレチンの濃度が上がり、インスリンの分泌量が正常に戻ることによって血糖値の低下作用をもたらします。

血糖に依存して作用し比較的ゆるやかに効果が出るので効きすぎによる低血糖が起こりにくいです。
また、食欲を増進しないので体重増加にも繋がりにくいとされています。
この特性により肥満型の方にも非肥満型の方にも好まれています。

サキサグリプチン自体に血糖を下げるといった効果はないため、血糖を下げるインスリン分泌がなくなってしまう1型糖尿病の改善効果はありません。

オングリザ 5mg

個数選択 定価 販売価格 ポイント 購入
1錠 1錠
5mg × 28錠 ¥250 ¥7,000 ¥225 ¥6,300 189pt
5mg × 56錠 ¥250 ¥14,000 ¥203 ¥11,340 340pt

オングリザ5mg x 28錠

¥6,300

ポイント:189pt

10,000円以上購入で送料無料

在庫あり

数量:

電話注文はこちら

関連ページ


同時に注文されている商品

シュッダグッグル(高脂肪血症の改善)

高血圧/糖尿病

シュッダグッグル(高脂肪血症の改善)

1箱¥1,800

高コレステロール対策に有効

カレラ(糖尿病の改善)

高血圧/糖尿病

カレラ(糖尿病の改善)

1箱¥1,980

糖尿病やメタボにお悩みの方へ

グルコバイ(糖尿病)

高血圧/糖尿病

グルコバイ(糖尿病)

1箱¥2,700

糖尿病の症状緩和に効果的


用法・用量

1日1錠(5mg)を1日1回お水または白湯などで服用してください。

年齢や症状によって1回0.5錠(2.5mg)に減量調節していただけます。


注意点

本剤を服用中も食事療法や運動療法を行うように心掛けてください。

下記に当てはまる方は服用を控えてください
本剤含有成分にアレルギーのある方
糖尿病性昏睡や前昏睡、重症ケトーシス、1型糖尿病の方
手術前後や重症感染症、重篤な外傷のある方
妊娠中や妊娠の可能性のある方、授乳中の方

併用注意薬として下記をご確認ください
ルホニルウレア剤、速効型インスリン分泌促進剤、α-グルコシダーゼ阻害剤、ビグアナイド系薬剤、メトホルミン塩酸塩、ブホルミン塩酸塩、チアゾリジン系薬剤、ピオグリタゾン塩酸塩、GLP-1受容体作動薬、SGLT2阻害薬、インスリン製剤などは低血糖が生じる恐れがあります。
β-遮断薬、サリチル酸剤、モノアミン酸化酵素阻害剤、フィブラート系薬剤などは血糖値のさらなる低下が生じる恐れがあります。
アドレナリン、副腎皮質ホルモン、甲状腺ホルモンなどは血糖値が上昇する恐れがあります。
CYP3A4/5阻害剤やイトラコナゾールなどはオングリザの血中濃度が上昇する恐れがあります。

直射日光の当たらない湿度や温度の低い場所で保管して下さい。
また、小さなお子様の誤飲を避けるためお子様の手が届かない場所に保管して下さい。

※用法・用量、注意点、副作用などに関しては一般的な薬剤情報を訳したものです。服用・使用前は医師などの専門家に相談した上で必ず用法・用量に従って頂ますようお願い致します。
また、服用や使用に関しては全て自己責任となりココロ薬局では一切の責任を負いかねます。


副作用

主な副作用として、低血糖、めまい、頭痛、便秘、下痢、発疹、そう痒症、蕁麻疹、動悸悪心、消化不良、口内炎など

重大な副作用として、急性膵炎、アナフィラキシー、血管浮腫、皮膚剥脱、腸閉塞、類天疱瘡など

その他異常が表れた場合は即刻に服用を中止し、医師の診察を受けてください。


利用者の声

  • 血糖値が高くて、食事も好きなものを食べることができない日々が続いていました。でも、このオングリザでかなり血糖値を抑えることができたので最近は好きなものが食べれるようになってきました。といっても、少しずつの食事ですが。それでも、食事を楽しいと思うことができたのもこのオングリザが血糖値を下げてくれたからです。これからは食事にも気を付けていく必要がありそうです。

  • このオングリザ以外にも血糖値を下げる薬を飲んできたのですが、個人的にはこのオングリザの効き目は微妙でしたね。いたって普通というか別にオングリザじゃないとダメというわけではなかったです。ただ、飲んでいないときと比較すると血糖値が少しは下がっていると思います。高くなった血糖値の改善は難しいと思います。私は飲んでいる間は血糖値が大きく下がることは無かったです。

  • 他にもいろんな血糖値用の薬があると思いますが、このオングリザはかなり高い評価をされていたので1つ購入して飲み続けてみました。すると、全部飲み切ったあたりで血糖値を下げることに成功しました。2ヶ月くらい飲みましたが、こんなに早く血糖値を下げることができるとは思っていませんでした。また同じように血糖値をあげたくないので食事や運動などに注意して薬を飲んでいきます。

  • 血糖値が上がってしまったせいで、このままだと糖尿病を引き起こす可能性があると診断されてしまいました。私も糖尿病になるのは嫌だったのでオングリザを購入して飲み始めました。すると次第に血糖値が下がり始め、自分の体の調子もよくなってきました。多少のプラシーボ効果もあるかもしれませんが、それでもすごく嬉しいです。もっと下げたいのでもうしばらくは飲み続けたいです。

  • 血糖値を下げるためにいろんな方法を試したり、お薬を飲んだりしていました。でも、いまいち血糖値を下げることができませんでした。そんな中私の悩みを改善してくれた薬がこのオングリザという薬でした。この薬を飲みはじめてからは血糖値がみるみる下がったいくので、私としてもすごく嬉しかったです。かなり危なかった私の血糖値も大きく下げることに成功しました。

  • 初めてこういう海外の薬を飲むことにしましたが、副作用とか怖かったんで一旦半分に割ってから、朝に飲むようにしています。たった半分でもちゃんと効果が出てきてくれて、空腹状態がほとんど気にならなくなりました。何かを食べようと思えば食べられる状態ですが、食べたいという欲が出てこないです。休みの日は暴飲暴食しがちですが、そういうのもほとんどなくなりました。

  • ダイエットを目的に購入。結論からいうと、オングリザがあれば太ることがなくなりました。今までもダイエットで色々試したことがあるので何をどれくらい食べたらアウトなのかわかっていますが、これがあると太るのを気にしなくて済むようになります。ただし、だからといって勝手に痩せ始めるということはありません。あくまでも現状維持をし続けるだけって感じですね。

  • まさにこれぞ、2型糖尿病におけるベストな商品だと思います。これを服用することにより、血糖値の上昇はちゃんと抑えることができています。世の中にはさまざまな薬があるらしいですが、私はこれで何も問題が出ていないのでリピート確定です。しかも血糖値が上昇しないだけではなく、空腹を感じることもあまりなくなります。なので食欲を抑えられない人にもぴったりです。

  • 私も過食傾向があったんでオングリザを買ってみることにしました。まだ使い始めたばかりなのでプラシーボ効果もあると思いますが、すでに食事の量が減少してきている気がします。そして少なくてもちゃんと満足してるので、やはり気のせいじゃないかも。これを長く続けていたら、体重が増えるのを大幅に抑えることができるようになるかもしれません。とても楽しみです。

  • オングリザを飲んでいると、食事をする量が間違いなく減ってきたように感じます。あまり食べすぎるともどしたりすることがあるんで、とても役立ちます。あとこれだったらそんなにたくさん飲む必要性がないので、便利だなと思いました。今回は試しに1個だけ買っただけなので、次はまとめ買いをしてさらに様子を見ていきたいなと思います。これでダイエットもできたらいいな。

利用者の声を投稿する

投稿者名(任意)

満足度(必須)

登録メールアドレス(ポイント獲得を希望される場合)

口コミ(必須)

当商品の購入履歴が確認できた会員様からの投稿に対しては

100ポイントをプレゼント致します。

ポイントの獲得や投稿に関する規約はこちらをご確認下さいませ。

ページの一番上へ戻る