クレジットカード種類

銀行振込、マスターカード、コンビニ決済に対応

低用量ピルは生理期間中に毎日服用することで高い避妊効果を発揮します。マーベロンやトリキュラーは高い人気があります。

低用量ピル

ヤーズ(超低用量ピル)

ヤーズ(超低用量ピル)

1箱¥3,000→¥2,700

ヤーズはPMSをはじめとする月経トラブル改善に有効な超低用量ピルです。 150年以上の歴史を持つドイツのバイエル(Bayer)社が製造販売を行なっており、日本の病院やクリニックでも処方されています。

トリキュラー

トリキュラー

1箱¥2,000→¥1,200

トリキュラーは卵胞ホルモンと黄体ホルモンが配合された経口避妊薬です。 大手製薬会社バイエル(bayer)が開発した経口避妊薬で、日本を含む世界90カ国以上で処方されています。

ヤスミン(超低用量ピル)

ヤスミン(超低用量ピル)

1箱¥2,700→¥2,430

ヤスミンは避妊や月経トラブル改善を目的とした低用量ピルです。薄いオレンジ色、丸型の錠剤となっており、大きさも直径約5ミリ、厚さ約2ミリと小さく、服用しやすい形状となっております。

マーベロン

マーベロン

1箱¥2,200→¥1,300

マーベロンは、MSD社から開発、販売されている低用量ピルです。 配合されている女性ホルモンの用量が少なく、定期的に服用することで体内のホルモンバランスに影響を与えて避妊効果を発揮します。

メリアン(Meliane)

メリアン(Meliane)

1箱¥2,860→¥2,200

こちらのメリアンは避妊薬である超低用量ピルです。

オブラルG

オブラルG

1箱¥1,320→¥1,190

オブラルGは女性ホルモンが含有された中用量ピルです。 日本国内で処方されているプラノバールのジェネリック医薬品で、同等の効果を低価格でお試しいただけます。

クリザンタ

クリザンタ

1箱¥2,000→¥1,500

Cipla(シプラ)社のクリザンタは、避妊効果や生理トラブルを解消できる超低用量ピルです。

避妊パッチ(エブラ3枚)

避妊パッチ(エブラ3枚)

1箱¥4,810→¥3,700

エブラ(Evra)は貼るタイプの避妊薬です。 日本で一般的な避妊薬は錠剤タイプの低用量ピルですが、エブラは皮膚へ貼付することで避妊効果を発揮します。

クリルオイル流

クリルオイル流

1箱¥4,030→¥3,100

こちらのクリルオイル流は血液や血管の健康化、ピルの服用による副作用対策に効果のあるサプリメントです。

ジネット35(ダイアン)

ジネット35(ダイアン)

1箱¥2,200→¥1,980

ジネット35は卵胞ホルモンと黄体ホルモンが配合された低用量ピルです。 低用量ピルのダイアン35と同一有効成分を含有したジェネリック医薬品で、同等の効果を得ることができます。

オブラル-L

オブラル-L

売り切れ

こちらのオブラル-Lは卵巣からの排卵を抑制する効果がある、低用量ピルと呼ばれる避妊薬です。

マーシロン

マーシロン

1箱¥3,250→¥2,500

マーシロンは、卵胞ホルモンと黄体ホルモンを含む超低用量ピルです。 体内の女性ホルモンバランスを変化させることで、避妊、PMS改善、生理痛軽減、生理不順解消といった効果が得られます。

ダイアン35

ダイアン35

1箱¥2,100→¥1,500

ダイアン35は、bayer社から製造、販売されている低用量ピルです。 ホルモンバランスに影響を与えるのが特徴で、妊娠した状態に近づけて避妊効果や月経前症候群を改善する効果を発揮します。

フェミロン

フェミロン

1箱¥2,950→¥2,750

こちらのフェミロンは避妊薬である低容量ピルです。Organon社が製造するジェネリック医薬品で先進薬であるマーベロンより低価で購入できます。

ロエッテ

ロエッテ

1箱¥2,800→¥2,500

ロエッテは2種類の女性ホルモンを配合した低用量ピルです。 日本国内においては未承認の低用量ピルですが、主に避妊や生理に関する悩み改善に有効です。

シレスト

シレスト

売り切れ

シレストは、Janssen-Cilag Ltd社が開発、販売している経口避妊薬です。崩れてしまった女性ホルモンのバランスを整えることで、ホルモンバランスの崩れによって起きるさまざまな症状を改善します。

レベレッテ

レベレッテ

1箱¥2,800→¥2,520

レベレッテは、スペインの製薬会社Leon Farma Laboratorios S.A.社が、製造・販売している経口避妊薬で、ホルモン含有量が少ない低用量ピルです。

ヤミニLS(超低容量ピル)

ヤミニLS(超低容量ピル)

1箱¥2,000→¥1,900

ヤミニLSは最小限の女性ホルモンが配合された経口避妊薬です。 一般的な低用量ピルと比べて女性ホルモンの配合量は2/3と少なく、超低用量ピルと呼ばれています。

セラゼッタ

セラゼッタ

1箱¥2,500→¥2,250

セラゼッタは黄体ホルモンのみ含有した経口避妊薬です。 ミニピルとも呼ばれ、一般的な低用量ピルとは異なり、卵胞ホルモンは含有されていません。

デソレット

デソレット

1箱¥2,730→¥2,100

デソレットは日本で多く使用されている低用量ピルのひとつ、マーベロンのジェネリック医薬品です。 デソゲストレル(黄体ホルモン)とエチニルエストラジオール(卵胞ホルモン)を有効成分として含有しています。

ノベヒール

ノベヒール

1箱¥3,120→¥2,400

ノベヒールは女性ホルモンを含有する低用量ピルです。 国内で処方されているマーベロンと同一有効成分を含有するジェネリック医薬品のため、同じ効果を安価に試すことができます。

ドロスジオール

ドロスジオール

1箱¥3,380→¥2,600

ドロスジオールは、Mylan社から製造、販売されている女性用ピルです。 女性ホルモンの体内分泌に影響を与えて排卵を抑え、卵巣や子宮への負担を和らげて月経困難症を緩和します。

 

低用量ピルについて

マーベロン

ココロ薬局では、高い確率で避妊を成功させることが可能な低用量ピルをはじめとする避妊薬を豊富に取り揃えています。

低用量ピルは決められた用法用量に従って服用を続けることで、妊娠しにくい体を作ることができる医薬品です。

ホルモンバランスを調整することで排卵を抑制し、また妊娠のために子宮内膜が増殖することを防ぎます。

このような働きがあるので、望まない妊娠を不安に思うことなく性生活を営むことができます。

生理痛の緩和やニキビの発生を防ぐメリットも

また、ホルモンバランスを調整することで生理痛を和らげる効果や大人ニキビの発生を防ぐ働きがあるのもポイントです。

なお、低用量ピルの服用をやめることで体は自然ともとの状態に戻ります

「いずれは子供が欲しい」と考えている方も、安心して使用することができます。

28日周期で服用を続ける

トリキュラー

低用量ピルは多くの場合、28日周期で服用を続けることで効果を発揮します。

21日間服用し、7日間の休薬期間を経て、再び服用を開始するというのが一般的なサイクルです。

休薬期間の終了後に服用を忘れると避妊効果が薄れてしまうので注意が必要ですが、代表的な低用量ピルであるマーベロントリキュラーは有効成分を含んだ錠剤21錠と偽薬7錠をパッケージングしています。

休薬期間中も偽薬を服用し習慣が途切れないようにすることで、より避妊の成功率が高くなります。

「性格的に忘れっぽいのでちゃんと続けられるかどうか不安」という方におすすめです。

避妊パッチ

避妊パッチ

また、当サイトでは1週間ごとに張り替えるだけで避妊の効果を得ることができる避妊パッチも取り揃えています。

内服薬と同じ有効成分を含んでおり、皮膚から浸透して避妊効果を発揮します。

「錠剤を毎日服用するのは面倒」という方はこちらをチェックしてみてください。

低用量ピルの副作用

なお、特に初めて低用量ピルを服用する際、頭痛や顔のむくみ、倦怠感といった副作用が現れることもあります。

このような副作用を最小限に抑える効果が期待できるサプリメントもあります。気になる方はそちらもチェックしてみてください。

ページの一番上へ戻る